今週の日経平均予想(2020/7/20)

先週の日経平均は米国の製薬会社による武漢肺炎のワクチン開発が順調ということで大幅上昇後、徐々に下がりましたがNYダウのSQといこともあり下げ渋りました。終わってみれば日経平均は前週比で400ポイント程上昇しました。今週は日本は三営業日しかありません。そのため、売り優勢になる展開と予想します。22300~22500の終値と予想します。個別では踏まれているソフトバンクG(9984)の暴落に期待しています。

ダウ先物が急騰(2020/4/17)

原油先物の急騰に続き、NYダウ先物の急騰について調べてみました。どうやら、レムデシビルというエボラ出血熱用の薬剤が武漢肺炎の重症患者に効果があったというのを材料にしているようです。一昨日くらいに、投与するという記事が日経電子版に掲載されていました。開発元のギリアド・サイエンシズ(GILD)の株価は時間外で3%の上昇。50%くらい上昇してもおかしくなさそうですが、一方アビガンの富士フィルム(4901)は1%程度のGU気配です。???なことばかりです。

今週の日経平均予想(2020/4/6)

今週の日経平均は、武漢肺炎の感染拡大により、戦後初の緊急事態宣言が発令される可能性が高くなりました。同時に小池都知事がロックダウン宣言すると思われます。ロックダウンとは都市封鎖ですが、実際どうなるかは宣言されないとわかりません。他国の様な強制力はないため、今と何が違うんだろうと言う気もします。都営のインフラをコントロールすることは出来るようです。当然民営も後追いすることが考えられます。週末に出てきたニュースとして、OPECが延期されるようです。狙っていた原油先物に乗り遅れましたが、二番底を試すのか、押し目になるのか注目です。NYダウは20,000ポイントを試す展開と予想し、日経平均は16,900~17,100と予想します。今日の寄りは高く始まりそうですが、鬼滅ショックでマイテンと予想します。