SSL認証が必須な理由

昨日まで気づかなかったのですが、SSL表示が鍵マークではなくビックリマークがついており、サイト情報をみると完全には保護されていません的な文字が・・・SSLの設定をミスったのかと焦りましたが、SSL証明書は問題ありませんでした。設定し直すより入れ直した方が早いと思い、ワイルドカードへの切り替えを行いました。設定自体はそれほど時間も掛からず出来たましたが、相変わらずSSL表示はピックリマーク。いろいろと設定を見直しましたが原因がわからず、ふとウィジットに追加したGoogle検索とFeedly追加ボタンを確認するとhttp通信のままになっていました。参考にさせて頂いたサイト情報が古かった様で、該当箇所をhttpsに書き直したところ鍵マークが復活しました。ワイルドカードに対応したので、UOサイトも復帰中です。起動まで出来ましたが、nginxでcgiを動かすのに苦戦していて、もう少し時間が掛かりそうです。なぜSSL認証にこだわっているかと言うと、Googleが検索結果にSSL認証サイトを優遇する方針を示し、昨年より非対応サイトに対しChromeで警告表示を行うようになったためです。今後もこの流れは変わることはなく、非対応サイトは徐々に減ってきています。Let’s Encryptという素晴らしいプロジェクトが立ち上がり、誰でも気軽にSSL証明書が発行できるようになりました。まだ対応できていない方が居ましたらぜひチャレンジしてみてください。

神プラグイン(Internal Link Building)

ブログ(ワードプレスを含む)を書いていて、ブログ内の記事や商品への誘導などする際、毎回リンクボタンを押して対象の文章を反転させてURLの入力を繰り返す作業は本当に無駄だと思っていました。多用するキーワードでこれを繰り返すとなると、どれだけの時間を費やすのかとぞっとします。プラグインであるかなと探していたらやはりありました。”Internal Link Building”です。設定は非常に簡単で、プラグインをインストールし有効化してInternal Linkingの設定を開きます。KeywordとリンクさせたいURLを入力。完全一致にしたければ、Exact Matchのボタンを有効化し、別ウインドウで開くようにしたければOpen in New Windowのボタンを有効化しましょう。Use Nofollow?というボタンもありますが、これは宗教の様なものです。私は有効にしません。これで設定は終了です。あとは普通に投稿すればキーワードがリンクされた状態で表示されます。

サイト構築(2019/05/16)

令和より開始した、Shinnosuke.Infoですが、ほぼイメージ通りに出来上がり。デザインについてはセンスの問題なので、改善はなかなか難しいですが。。。課題だった、コメント欄の貧弱さはJetpackプラグインでほぼ完結していました。また今回Ad BloKerを追加しました。私もAdblock Plusを愛用しているので、ADブロッカー登録サイトの閲覧した際、非常に萎えるのですが、最初にメッセージを表示するだけのやさしいものですので、ご理解いただければと思います。サイト自体がシンプルなため、広告で華やかさを補っている部分もありますので、、、投資の方は、武田薬品工業(4502)に売りで入る絶好のチャンスを逃し、見てるだけ状態です。現在はユニクロ(9983)の値動きを注視しています。明日以降良いところで売りポジションで入りたいところです。