ファーストリテイリング(9983)のセグメント別利益を分析してみた(2020/2Q)

ユニクロ(9983)が上昇しています。また売りを仕掛けたい位置まであがってきました。上の表は1Q決算時に作ったセグメント別の利益です。1Q時にこの表を作り、必ず下がると確信していました。ユニクロの株価が上がった理由は海外の売上が大幅に増えたことによるものです。2019年度は国内ユニクロのセグメント利益率は37.28%しかなく、海外ユニクロで50%を超えていました。それが1Qの時点で海外ユニクロの利益率が41.38%まで落ち込みました。この時点で海外の成長は完全に終わったという読みでした。その後の株価暴落は記憶にあると思います。前回の大勝で表の更新をサボっていのですが、改めて更新しました。海外の利益率は39.3%と更に低下しました。そのため、国内が49.30%まで上昇しています。しかも2Qは2月までなので、各国のロックダウンも日本の緊急事態宣言も含まれていない状況でこの落ち込みです。また比率は小さいものの成長を続けていたGUとグローバルブランドも成長が鈍化しており、ユニクロ離れが進行していると見ます。ただ、ここ最近の傾向で決算後には必ず上昇しているため、3Q後に上昇したところで売りを入れていきます。今度こそ2度も見せられた7万円台での売りを狙っていきます。