GDP速報値をグラフ化して分析してみた(2019年3月期第三四半期)

内閣府よりGDPの10月~12月分の速報値が公表されたため、いつものようにグラフ化してみました。今回はGNI(国民総所得)も追加してみました。第一次安倍政権誕生(2006年2Q~)からの推移になります。大きく落ちこんでいる箇所が3つみえると思います。1つ目は第一次安倍政権後、福田、麻生と1年ごとに政権交代した自民党政権の暗黒期です。2つ目は、消費税が8%となった時期です。駆け込み需要もあり大きく落ち込みました。3つ目も消費税が10%となった今回分です。駆け込み需要は前回程無かったように思えます。今回の下げは消費税増税による影響とみて問題ないと思います。ただ、年率換算で今回のものを4倍するというのは違和感しかありません。また、前期比で比較というのもイベントや日数も違うので、同じく違和感しかありません。前期比では-1.6%ですが、前年同期比であれば、-0.38%です。前年比だと+0.7%です。ただ、新型肺炎の影響もあり、1月~3月分は更に落ち込む可能性が高くマイナス成長になりかねません。新型肺炎の政府対応や国会中継を見ていると、何も期待できそうにありません。