今週の日経平均予想(2020/11/2)

先週の日経平均は方向性のない展開でしたがGAFAの決算にて弱含みの展開となり、前週比で539ポイントの下げとなりました。久しぶりに予想があたりそうだったのですが、23000ポイントを下回ってしまいました。今週は注目の米国大統領選挙があります。バイデン優勢が伝わっていましたが、最近になって現職のトランプ大統領が追い上げている展開となっています。私の予想としてはバイデンが勝利すると考えています。やはり、武漢肺炎の封じ込めに完全に失敗したトランプ大統領がかなり不利だと思います。また、トランプが勝つと株価は上がり、バイデンが勝つと株価は下がると見ている方が多いと思います。私も最近まで同様の考えでしたが、米国が行った金融緩和は景気の先食いをしただけで、リセッションは変わらないと思います。恐らくどちらが勝っても株価は二番底の展開と考えています。今週の日経平均の終値は22,300~22,500と予想します。個別株では買いポジションの任天堂(7974)、イソライト工業(5358)の決算があります。任天堂は引き続き最高益更新としEPSは2,500円を超えてくると予想します。イソライト工業は相変わらず弱いものが出てくると思います。収益率は高い会社なので、今の株価は明らかに安いですが、期待薄です。先週売りポジションのキーエンス(6861)の決算がありました。別途記事をあげます。

来週の日経平均予想(2020/10/4)

先週の日経平均は、前半強く後半弱いの予想通りの展開でしたが、金曜日にトランプ大統領の武漢肺炎感染のニュースにより、大幅に下落しました。前週比20ポイント程度の下げとなりました。今週は日米中央銀行の総裁発言がありますが、既に市場は織り込んでいると予想します。木曜日に日本の貿易収支の開示がありますが、先月より良くなることは考えられず、いよいよリスクオフ相場到来と予想します。トランプ大統領は既に発病しており、早期の回復は難しいのではないじゃないでしょうか。バイデン候補がかなり有利になりそうです。今週の終値予想は22800~23000とします。個別株ではユニクロ(9983)の売りを狙っていきます。引き続き任天堂(7974)の押し目買いを狙っていきます。

追記.今週SQでした。

来週の日経平均予想(2020/9/22)

4連休すっかり相場を忘れていましたが、世界的な暴落をしていました。理由としては、欧米のメガバンクがマネロンを許容していたとのことで、NYダウが一時900ドル安となりました。何故か円高になり、日経先物もかなり売り込まれました。その後は続報もなく、上昇傾向に入っています。今週はFRBの議事開示がありますが、大きな材料にはならなそうです。東京市場は来週中間配当が集中するため、今回の下げは吸収出来るとみています。今週の終値は23,300~23,500ポイントと予想します。今のところ、ご祝儀相場はありませんね。