今週の日経平均予想(2020/11/2)

先週の日経平均は方向性のない展開でしたがGAFAの決算にて弱含みの展開となり、前週比で539ポイントの下げとなりました。久しぶりに予想があたりそうだったのですが、23000ポイントを下回ってしまいました。今週は注目の米国大統領選挙があります。バイデン優勢が伝わっていましたが、最近になって現職のトランプ大統領が追い上げている展開となっています。私の予想としてはバイデンが勝利すると考えています。やはり、武漢肺炎の封じ込めに完全に失敗したトランプ大統領がかなり不利だと思います。また、トランプが勝つと株価は上がり、バイデンが勝つと株価は下がると見ている方が多いと思います。私も最近まで同様の考えでしたが、米国が行った金融緩和は景気の先食いをしただけで、リセッションは変わらないと思います。恐らくどちらが勝っても株価は二番底の展開と考えています。今週の日経平均の終値は22,300~22,500と予想します。個別株では買いポジションの任天堂(7974)、イソライト工業(5358)の決算があります。任天堂は引き続き最高益更新としEPSは2,500円を超えてくると予想します。イソライト工業は相変わらず弱いものが出てくると思います。収益率は高い会社なので、今の株価は明らかに安いですが、期待薄です。先週売りポジションのキーエンス(6861)の決算がありました。別途記事をあげます。

今週の日経平均予想(2020/7/27)

先週の日経平均は武漢肺炎のワクチン期待で60ポイント程上昇しました。と言っても特に材料がなく23000に挑戦するも跳ね返される展開でした。週の後半に米国が中国領事館を閉鎖する措置を取り、中国も負けじと米国の領事館を閉鎖しました。いつものプロレスなのですが、リスクオンの展開となりました。今週のイベントとしては米国のGDPやFRBの政策金利決定会合があります。恐らく今週もトランプ大統領の行動に右往左往展開になると思います。株価予想はあ22300~22500と予想します。個別株ではアドバンテスト(6857)、キーエンス(6861)の中間決算の発表があります。どちらもかなり割高な位置にあると見ており空売りのタイミングを狙います。

SQ値と日経終値の乖離をグラフ化してみた(~2020/6)

今月のメジャーSQは波乱の展開でした。リスクオンムードが継続しGDPの上方修正もあり日経平均は上昇を続けていましたが、水曜日のFOMCにて一転パウエル議長の悲観的な景気見通しコメントでNY市場は大暴落しました。日銀保有ETFの貸付けも重なり、終わって見れば前週比-558.25ポイントのマイナス引けとなりました。6月限のメジャーSQ値は22071.46ポイントで前回のSQより1,997.77ポイントも上昇しました。