今週の日経平均予想(2020/8/3)

先週の日経平均は内閣府の景気後退の認定を材料に売られ、米国のGDPが年率換算-40.3%と過去最大の落ち込みと発表され、円高も重なり週末に大きく下落しました。一方的に売りこまれており、恐らく外国人投資家の売りだと思います。夜間帯にGAFAの決算を材料に米国株は大きく戻し、日経先物も円安も重なり大きく戻しました。アップル(AAPL)は10.47%も上昇し、時価総額は1.84兆ドルとなりました。個別株ではアドバンテスト(6857)がストップ安。キーエンス(6861)も20%減益と半導体関連とFA関連の大手のため、他の関連株にも影響が出そうです。5日に買いで超絶含み損のイソライト工業(5358)、6日に任天堂の決算があります。任天堂については決算まで売られるようであれば、1年ぶりに買いで狙うか知れません。今年はエグい経常利益が期待できそうです。ちょっと前まで売り目線で居たのですが、超絶レベルでSwitchが売れています。肝心の予想ですが、東京市場は天井を付けたと予想し、21100~21300と予想します。

キーエンス(6861)上場来高値更新(2020/5/26)

キーエンス(6861)が先週に引き続き上場来高値を更新しました。時価総額も初めて10兆円を突破しました。みずほ証券のレーティング45,000を材料視されたようです。日経平均は緊急事態宣言の解除を好感し、2日で883.01ポイントと大幅上昇。さすがにこの上昇を予想出来た人はいるんでしょうか。NVIDIA(NVDA)の好決算で半導体/FA関連がかなりの高値をつけています。その割に任天堂(7974)がほぼ無反応と謎な展開もみせています。明日寄りが高いようであれば再度売りエントリーします。前回の4万超時よりもかなりの恐怖感があります。

キーエンス(6861)上場来高値更新(2020/5/20)

キーエンス(6861)が昨年12月以来の上場来高値を更新しました。特に材料は出ていませんが、個人の空売りを集めつつ上昇してきました。一時は3万円を割る展開でしたが、2ヶ月足らずで高値を取ってきました。前期の4Qの業績を見る限り今期も15%程度の減益と予想しています。明日もGUスタートであれば空売りを仕掛けます。今回の目標株価は25,000円です。現在時価総額単独第二位に躍り出ました。EPS 816円年間配当 200円どう考えても超割高です。