DeNAvs巨人(2020/7/19)

正念場の六連戦。運にも恵まれ五連勝で迎えた六戦目。初回にあっさり先制されるも、3回亀井選手の超特大ホームランで逆転。その後ソト選手に打ち直しホームランを浴び同点。5回に不調のロペス選手にタイムリーを打たれ再度勝ち越しを許しました。打線も再三チャンスを作るも点が取れず嫌な流れで迎えた9回抑えの山崎投手が登板。すごく調子が良さそうに見えましたが、坂本選手の内野安打から代走増田選手が二盗に成功。丸選手の内野安打の間にホームに返り同点。お見事としか言えない走塁でした。ここで何を思ったか国吉投手に交代。待ってましたとばかりに三連戦沈黙していた岡本さんが右中間スタンドに叩き込み勝ち越し。最後は中川投手が抑えきり5-3で今季初の六連勝。勝因はなんと言っても増田選手の好走塁でした。4戦目に横浜スタジアムで観戦してました。晴れ男を自負していたのですが、球場についた頃から雨が降り出し中断からのコールドゲームで勝利でした。6回に高木投手がマウンドにあがっていたので、とにかく終われと現地で思ってました。原監督の勝負強さが光った六連勝でした。

巨人vsヤクルト(2020/7/12)

初回に名手二人がお見合いをして情けない失点。3回に好調青木選手にソロホームランを浴び、2点ビハインド。4回に中島選手のソロホームランで追撃するも直後に村上選手のタイムリーでまた2点ビハインドに。丸選手のタイムリーで追い上げるもそのまま逃げ切られ悪夢の4連敗。一年以上守っていた首位から陥落しました。とにかく打線がつながらず、4得点、1得点、4得点、2得点と点が取れず先発陣は最低限の仕事をするも中継ぎが崩壊と最悪ムードに。来週は広島、DeNAと連戦のため正念場です。投手陣が踏ん張ってリズムを取り戻してほしいところです。

巨人 5年ぶり37度目のリーグ優勝!!

やりました!我が巨人軍が横浜スタジアムで5年ぶり37度目のリーグ優勝を決めました。昨日エース山口の力投で勝利し、今日は高卒ルーキーの戸郷が先発。全く事前情報がなかったため、動画を探しました。伸びのあるストレートとキレの良いフォークボールでストライクが入ればDeNA打線も苦戦すると思いましたが、想像以上に通用し、4回途中まで4安打2失点に抑えました。打線は相変わらずの貧打で、先発上茶谷を崩せず、6回まで無得点。迎えた7回4番岡本のフェンス直撃のツーベースからチャンスを広げ、変わったエスコバーからパスボールで1点を返しました。その後どちらもチャンスを活かせず、迎えた9回DeNAはリリーフエースの山崎康晃。重信の四球からチャンスを広げ、小林のタイムリーで同点とし延長戦突入。亀井坂本と連続四球で出塁するも、丸岡本が凡退し、代走で出場していた増田が執念のセンター前ヒットで勝ち越し!最後はデラロサが三者三振の完璧なリリーフで5年ぶり37度目の優勝を決めました。シーズン序盤は投手陣が打たれ苦戦しましたが、打線は好調を維持し勝ち星をつみあげ、6月以降は一度も首位を明け渡さずでの優勝でした。一軍に居る全てのメンバーが役割をこなし、数字以上の強さで安心してみてられました。来月のポストシーズンも楽しみです。