巨人vs阪神(2020/6/21)

巨人の先発は新外国人のサンチェス。先頭打者の近本選手に先頭打者本塁打を浴びいきなり失点しましたが、阪神の拙攻に助けられその後は無失点に抑えます。4回4番岡本さんの2ランホームランが飛び出し逆転。その後も打線が繋がり一挙5点を追加しました。5回にはパーラ選手の2試合連続アーチも飛び出し2点追加。6回に満塁のピンチを迎えた場面でサンチェス投手は降板。6回1失点でしたがあと2、3試合見ないと評価出来ないと思いました。その後どちらも継投で無失点に終わり、7-1で巨人が開幕三連勝を飾りました。感想としては打線はやはり好調を維持しており、心配なさそうですが、投手陣は阪神の拙攻に助けられた部分が非常に多く、次の広島戦に通用するか鍵だと思います。それでも3年ぶりの開幕三連勝とは嬉しい限りです。今年も野球から目が離せません。

巨人vs阪神(2020/6/19)

巨人の先発菅野投手が完璧な立ち上がりを見せるも、3回に阪神先発西投手にホームランを浴び先制を許しました。4回に中島選手のタイムリー内野安打で追いつくも、5回にまたも西投手に打たれ勝ち越しを許しました。ボール自体はかなり力があったのですが、西投手だけはタイミングが合ってました。嫌なムードになりましたが、7回に吉川尚輝選手の逆転2ランで初めてリードし、8,9回は勝利の方程式の中川投手、デラロサ投手の継投で逃げ切りました。7回に西投手が続投していたら、かなり厳しい展開になっていたと思います。あとは丸選手が昨年のプレイオフから全く打てていないのが気になります。とにかく菅野投手で勝てて6,000勝を達成したのは価値があります。明日からも引き続きよろしくお願いします。

ジャイアンツ戦闘態勢!ついに明日開幕!

待ちに待ったプロ野球が明日開幕します。巨人通算6,000勝をかけ、阪神タイガースとの三連戦です。開幕直前に坂本キャプテンと大城選手の武漢肺炎感染が公表され衝撃を受けましたが、開幕に間に合いそうです。不安材料は、開幕投手の菅野選手とサンチェス選手でしょうか。ここがしっかり数字を残してくれれば昨年以上に安心して見れるシーズンになると思います。吉川選手が怪我をせずにシーズンをすごせるか。セカンドの守備は抜きに出ていて、期待しています。そして4番の岡本さんが三冠王を狙えるくらいの大活躍を期待しています。楽しみで仕方ありません。