米国債金利が史上最安値更新中(2020/3/6)

今週は世界的な金融市場の暴落相場になりました。新型肺炎が想像以上に世界に拡散され、死者も急増しています。一番の懸念は、感染を恐れるあまりの移動制限による消費の悪化影響、経済停滞は避けられなくなりそうです。私が一番注目しているのは、米国債の金利です。米国の強さは経済の強さと金利の高さにありました。経済の強さは言わずもがな金利も重要です。金利が高いと通貨の強さに影響します。トランプ大統領は通貨高を嫌っていましたが、輸入時に国外から安く仕入れられ、輸出時は不利になるものの、国内経済の強さにより内需で米国経済は絶好調でした。グラフはInvesting.comさんよりお借りした、米国債の10年債金利のチャートです。過去50年間で最低を記録しています。先日お伝えした逆イールド発生時でも1.5%台を推移していました。国債金利は、国債を1年間保有した際に受け取る金利です。現在は0.739%分もらえます。金融資産の利回りで考えるとかなり低いです。その状態でも国債を買うということは、他の金融資産を信用していないと言うことになります。またドルの価値が下がることにより他の通貨の価値が高くなります。そのため、現在の円高が発生しています。円高になると、外国人投資家が日本株の価値の低下を嫌って保有を避けます。正直打つ手が無いです。ウイルスの消滅を期待するしかありません。

来週の日経平均予想(2019/08/31)

今週の日経平均は前週比400円安からスタートするも、底値を切り上げながら切り返しました。ただ先週の終値には届きませんでした。相変わらず米国債の逆イールド状態は解消されず、資金は逃げているように見えます。今のところ中国の報復関税はでていませんが、ここから上値を取るのは難しいと思います。今週はユニクロ(9983)の月次とディー・エヌ・エー(2432)の値動きに注視します。

米英の国債金利にて逆イールドカーブ発生

米英の国債金利(利回り)にて逆イールドカーブが発生した様です。上の表はInvesting.com様よりお借りした米国の国債金利の期間別一覧になります。国債金利は買いが多くなると、金利が下がります。期間が長くなれば、通常金利は上がります。数週間前より米国債の金利が下がっているのが気になっていたのですが、10年国債の金利が1.6%まで落ちています。ここ10年でほぼ最小値です。どういうことかと言うと、市場から資金を引き上げ、安全な長期の米国債に資金が移動しているということです。そのため、長期金利を短期金利が上回ってしまう状態を逆イールドカーブアノマリーとしています。この現象が起こると景気の後退が認識されます。昨日、米トランプ大統領の中国への一部関税品目の延期発言で買いが殺到しましたが、現在全戻ししています。