今週の日経平均予想(2020/7/27)

先週の日経平均は武漢肺炎のワクチン期待で60ポイント程上昇しました。と言っても特に材料がなく23000に挑戦するも跳ね返される展開でした。週の後半に米国が中国領事館を閉鎖する措置を取り、中国も負けじと米国の領事館を閉鎖しました。いつものプロレスなのですが、リスクオンの展開となりました。今週のイベントとしては米国のGDPやFRBの政策金利決定会合があります。恐らく今週もトランプ大統領の行動に右往左往展開になると思います。株価予想はあ22300~22500と予想します。個別株ではアドバンテスト(6857)、キーエンス(6861)の中間決算の発表があります。どちらもかなり割高な位置にあると見ており空売りのタイミングを狙います。

日銀砲の購入単価を計算してみた(~2020/6)

日銀砲の購入単価を無理やり計算してみようと思います。といっても日銀は日経先物やCFDを購入しているわけではなく、ETFを購入しています。そのため、日経平均株価の損益分岐点を正確に出すことは不可能だと思います。今回は各月毎の日経平均株価終値をソートし、ETF購入額を日経平均株価で除算しその中央値の価格帯を割り出す手法にしました。出てきた数値は19,520~19,646でした。日銀の黒田総裁が2020年3月の時点で、19,500円を割り込むと含み損になると答弁しています。かなり近似値じゃないですかね。含み損になったところで、特殊法人の日本銀行は影響なさそうですが。

今週の日経平均予想(2020/6/29)

先週の日経平均は中南米での武漢肺炎の感染拡大により大きく下げるも、トランプ大統領の病気に打ち勝てる発言で大きく値を戻しました。翌日、大統領選にてバイデン氏有利が伝わり、上げた分の倍以上値を下げました。何故か日経先物は半分程度の下落におさまっています。大統領選でバイデン氏が勝つようなことがあれば、株価は大幅に下落すると思います。肝心の今週の日経平均予想ですが、21,800~22,000と予想します。