武漢肺炎の致死率を調べてみた(~2020/7)

7月のレポートです。感染者数10万人超えた国を追記しているので、表が巨大化しています。前回に引き続き、欧州は抑え込みに成功していますが、中南米とアフリカ、中東特にインドの増加率が顕著です。ここに来て日本の伸び率が急増しています。といっても人口で考えると大したことはありませんが、2ヶ月以内に10万人を超えてきそうです。

日銀砲をグラフ化してみた(~2020/6)

日銀砲の購入額を月次と累積でグラフ化してみました。2010年12月より購入を開始し、2020年6月時点でETFは32.9兆円、J-REITは7,883億円購入しています。今年株価暴落した3,4月に2.8兆円も購入しています。東証一部の時価総額は588兆円の為、5.6%を日銀が保有していることになります。昨年は出口戦略の話が出ていましたが、武漢肺炎による世界経済の悪化に伴い、無かったことになってしまいました。どういう結末を迎えるのか、誰にもわかりません。

武漢肺炎の致死率を調べてみた(~2020/6)

武漢肺炎の全世界の感染者数が1,000万人を超えました。欧米の感染数は減少傾向ですが、中南米とアラブ地域で急増しています。医療レベルの低い地域なので、爆発的に拡大する可能性があります。ただ、致死率は意外と高くないですね。