今週の日経平均予想(2020/8/11)

日経が下がりません。正直嫌になっています。NY市場が連日の高値更新で、連れ高していく展開です。米国は過剰な金融緩和と財政出動をしているので理解できますが、日本は相変わらずの様子見ムードです。今週も低商いのジリ上げしそうな展開です。今週は22,300~22,500と予想します。ソフトバンクG(9984)の決算があります。未だ含み損で、自社株買い1.5兆円が残っているものの、大幅下げに期待しています。3,000円まで下がれば今年の目標達成します。是非お願いします。

今週の日経平均予想(2020/8/3)

先週の日経平均は内閣府の景気後退の認定を材料に売られ、米国のGDPが年率換算-40.3%と過去最大の落ち込みと発表され、円高も重なり週末に大きく下落しました。一方的に売りこまれており、恐らく外国人投資家の売りだと思います。夜間帯にGAFAの決算を材料に米国株は大きく戻し、日経先物も円安も重なり大きく戻しました。アップル(AAPL)は10.47%も上昇し、時価総額は1.84兆ドルとなりました。個別株ではアドバンテスト(6857)がストップ安。キーエンス(6861)も20%減益と半導体関連とFA関連の大手のため、他の関連株にも影響が出そうです。5日に買いで超絶含み損のイソライト工業(5358)、6日に任天堂の決算があります。任天堂については決算まで売られるようであれば、1年ぶりに買いで狙うか知れません。今年はエグい経常利益が期待できそうです。ちょっと前まで売り目線で居たのですが、超絶レベルでSwitchが売れています。肝心の予想ですが、東京市場は天井を付けたと予想し、21100~21300と予想します。

今週の日経平均予想(2020/7/27)

先週の日経平均は武漢肺炎のワクチン期待で60ポイント程上昇しました。と言っても特に材料がなく23000に挑戦するも跳ね返される展開でした。週の後半に米国が中国領事館を閉鎖する措置を取り、中国も負けじと米国の領事館を閉鎖しました。いつものプロレスなのですが、リスクオンの展開となりました。今週のイベントとしては米国のGDPやFRBの政策金利決定会合があります。恐らく今週もトランプ大統領の行動に右往左往展開になると思います。株価予想はあ22300~22500と予想します。個別株ではアドバンテスト(6857)、キーエンス(6861)の中間決算の発表があります。どちらもかなり割高な位置にあると見ており空売りのタイミングを狙います。