武田薬品工業(4502)年初来安値更新中(2020/3/19)

武田薬品(4502)がリーマンショック時よりも株価が下がり年初来安値を更新しています。武田は昨年期末配当落ちで空売りを狙った銘柄ですが、今回は買いで狙っていきます。本日の終値は2,918.5円となり、配当利回りは6倍超です。NY市場がどこまで落ちるかがわからず、慎重に入らなければなりません。後日いつものバランスシートを更新して分析します。本日ユニクロ(9983)を利確しました。利回りは35%でした。昨年から売り続けた銘柄なので、やっと勝利できたという感じです。残るポジションはイソライト工業(5358)とアドバンテスト(6857)の二銘柄です。本日、日銀がETFの買い入れを行い、その額2,000億円でした。売り目線からするとかなりのプレッシャーになります。

フリービット(3843) 2020年4月期第三四半期決算

フリービット(3843)が第三四半期決算を発表。売上 400.6億(+17.4%) 経常11億(-13.9%) EPS -10.75円(前期-1.06円)とかなり悪い内容でした。合わせて通期予想を売上550億(-3.5%) 経常23億(-39.5%) EPS 18.01(-60%)と下方修正を行いました。フリービットは4Qで通期のほとんどの利益を稼ぐモデルのため、かなり驚きです。通期は未達が多いです。ただ、合わせて自己株買い20億円の発表もあり、一旦は上昇が見込めるかも知れません。この会社はかなり相性が良く、売りも買いも一度も負けてません。最近は売上も伸びてきており、売り候補から外していましたが、今の状況で買うのはかなりリスクが高いです。ホルダーの方はポジションの変更の検討をおすすめします。

ファーストリテイリング(9983)の月次をグラフ化してみた(2020年2月分)

ユニクロ(9983)の国内2月度の月次が発表されました。勝手につけたユニクロ指数は既存店100.5、直営店100.3と増益となったようです。前期も2月3月は売上が良く、消費税の影響も何のそのかなりの健闘だと思います。ただ、中国工場の生産遅れで、今後の見通しはかなり悪くなるのでは無いでしょうか。中間決算は今月分までの為、EPS 950円と予想します。3期前と同水準です。Twitterなどで、銀座店がガラガラ等のネガティブ情報が出回ってましたが、デマなんですかね。