ファーストリテイリング(9983)のセグメント別利益を分析してみた(2020/2Q)

ユニクロ(9983)が上昇しています。また売りを仕掛けたい位置まであがってきました。上の表は1Q決算時に作ったセグメント別の利益です。1Q時にこの表を作り、必ず下がると確信していました。ユニクロの株価が上がった理由は海外の売上が大幅に増えたことによるものです。2019年度は国内ユニクロのセグメント利益率は37.28%しかなく、海外ユニクロで50%を超えていました。それが1Qの時点で海外ユニクロの利益率が41.38%まで落ち込みました。この時点で海外の成長は完全に終わったという読みでした。その後の株価暴落は記憶にあると思います。前回の大勝で表の更新をサボっていのですが、改めて更新しました。海外の利益率は39.3%と更に低下しました。そのため、国内が49.30%まで上昇しています。しかも2Qは2月までなので、各国のロックダウンも日本の緊急事態宣言も含まれていない状況でこの落ち込みです。また比率は小さいものの成長を続けていたGUとグローバルブランドも成長が鈍化しており、ユニクロ離れが進行していると見ます。ただ、ここ最近の傾向で決算後には必ず上昇しているため、3Q後に上昇したところで売りを入れていきます。今度こそ2度も見せられた7万円台での売りを狙っていきます。

ファーストリテイリング(9983)年初来高値更新中(2020/6/10)

ユニクロ(9983)が年初来高値を更新しています。中間決算で経常-40%超の大幅下方修正を行いましたが、翌日の終値48,190円から16,000円も上昇しました。下方修正により空売りを仕掛けた個人投資家がかなり多いと思いますが、さすがにこれ以上は悪くならないだろうと上昇。追い打ちをかけるようにエアリズムマスクのニュースで10,000円以上の上昇となりました。日経の大幅上昇もありますが、ちょっと上がり過ぎだと思います。エアリズムマスクは千円程度とのことで、年間500万セット売れても50億円です。粗利は相当高いと思いますが、ここの経常は1,450億円なので正直誤差です。ヒートテックがちょっと古い情報で年間1億枚という情報がありました。1億枚の販売数で1,000億円。ここまでいくとかなりインパクトある数字ですね。未来のことはわかりませんが、割高なのは間違いなさそうです。

SMC(6273)2020年3月期通期決算

SMC(6273)が連日の上場来高値を更新しています。任天堂の株価と似てる会社だなとみていました。ボイラーを作っている会社程度の知識しかありません。今期はかなり弱気の30%以上の減益予想を開示しています。株価を考えるとかなり割高です。売りを狙っていきますが、一般信用(無期限)が200株しか注文出来ません。かなりの株不足な状態です。話は変わりますが2日の日経大幅上昇時に、アドバンテスト(6857)、富士フィルム(4901)、任天堂(7974)の売りポジションをすべて利食いしました。アドバンテストはダメダメなトレードになったのですが、月末に詳しくお話します。昨日キーエンスを売り仕掛けましたが、本日しっかり捕獲されてしまいました。この変態相場いつまで続くんですかね。困ったのもです。