任天堂(7974)2021年3月期中間決算

任天堂(7974)が5日引け後に決算を発表。2Q 売上 7,695.2億(+73.3%) 経常 2,975億(3.5倍) EPS 1,789.1円(3.4倍)となりました。任天堂にしては珍しく中間決算での上方修正をしてきました。それでも下期でEPS +729.3円と、どうやって計算したら出てくるのかわからない数値です。任天堂は3Qのみで年間利益の半分を叩き出す会社です。ただし、今年は年末商戦の目玉自社ソフトがありません。またスイッチが常に完売状態で、昨年以上の台数を準備できているのか未知数です。私的意見ですが、年間EPS 6,000円と予想しているので、今回の決算は正直物足りません。現実的にはEPS 4,500円といったところでしょうか。

イソライト工業(5358)2021年3月期中間決算

前回に続き信じられない程駄目な決算です。2Q 売上 70.1億(-12.7%) 経常 8.9億(-36.1%) EPS 29.3円(-14.1%)。国内中心の製造業はどうしようもない状態です。また株価400円を割る展開になるのでしょうか。日経平均は24,000を超えそうな状況です。中小企業を淘汰するのがアベノミクスです。

ファーストリテイリング(9983)2020年10月度月次

4日引け後にユニクロ(9983)が国内ユニクロ事業の10月度月次データを発表しました。ユニクロ指数は102.7ポイントと前月比で5ポイント低下しました。客数が1%増と落ち込みましたが、客単価が上がり増収をキープしました。普通なら下がる内容ですが、日経が狂い上げしており、上場来高値を更新しそうです。