今週の日経平均予想(2019/10/14)

先週の日経平均は米トランプ大統領の米中通商協議の一部合意を匂わす発言で日経平均は350ポイント程上昇しました。ユニクロ(9983)が3度目の騙しあげ?で大幅上昇したため、SQ値は 21842.63と高値となり、またも上の幻SQとなっています。相場自体は相変わらず弱く、値下がり銘柄の方が多くなっています。そういえば日銀砲のその後ですが、TOPIXの前場が-0.27%の日があったのですが、買い入れはなかったため、条件が緩和されたのかは、まだわかりません。肝心の予想ですが、あまり大きく動かない小幅なレンジ相場と予想します。

来週の日経平均予想(2019/10/06)

来週の日経平均予想ですが、日銀砲の動向が気になります。704億円の一方的な買いは、売り目線の投資家には非常に驚異です。ただ、東京市場のポジティブな話題はそれくらいで、主要企業の決算も今週より始まります。ユニクロ(9983)、ファミマ(8028)に注目しています。ユニクロは、月次を見る限り国内は右肩下がりで上がり目は無いと見ます。韓国は5%程度の規模でしかなく、不買運動はあまり影響は無いと見ています。国内と同等規模の中国がどの程度か予測が難しいですが、国内の景気後退により真っ先に削られるのは衣料品だと思うので、今期は減益になると予想します。ファミマは、売上自体は好調で、良いものが出てくると見ています。大きく上げるような展開になれば、売りを仕掛けます。やはり労働環境の問題など課題は山積みです。予想に戻りますが、上の画像はNYダウの週足チャートです。長い下髭をつけていますが、ここからの反発はかなり難しいと思います。明日の日経は100円程度の上昇はあると思いますが、持続力はなく底値を試す展開になると予想します。

来週の日経平均予想(2019/09/27)

今週の日経平均は配当権利落ち週となり、大きな値動きはありませんでしたが、権利落ち日の今日は一時300程下落しましたが、大引けには-169.34まで上昇し、配当の平均額とほぼ同等まで戻りました。10月からは主要企業の決算発表が始まります。ただ、中間決算でポジティブなものが出てくることは考えづらく、22000というのが天井になると見ています。昨年も9末天井後に、年末まで下がり続けました。今年も同じ展開になると予想しています。来週の予想ですが、今週と同じく大きな値動きはないと予想します。