来週の日経平均予想(2019/12/1)

今週の日経平均は、米中貿易摩擦の一部合意報道や半導体関連の業績復調のニュースにより前半はかなり強い相場となりました。後半に掛けて米国が香港人権法を成立させたことにより米中間の関係悪化が懸念され、上髭をつける形なりました。ただ、このようなチャートは上昇する傾向があり、来週の日経平均は25300~25500まで反発すると予想します。そういえばこの週末中国側の報復関連の報道がありませんでした。今週末辺りになにか出てきそうな気がします。

来週の日経平均予想(2019/11/24)

今週の日経平均は、米中貿易摩擦の影響により前週比191ポイントの低下となりました。週末に向け反発するも、先週の終値に届かずで下髭の長い首吊り線になりました。やはり株価は天井を意識しているように見えます。ポジティブなニュースとしては、日韓GSOMIAの破棄凍結と大規模な赤字国債の発行(10~30兆円)の話が出ています。どうせPBガーといいつつ、麻生率いる財務省が難色を示すと思いますが、話題に上がっただけでも評価出来ます。肝心の日経平均予想ですが、先週の下値を試す展開としレンジとしては22,900~23,100と予想します。

今週の日経平均予想(2019/11/18)

先週の日経平均は、TOPIXの前場終値が-0.50%にも関わらず、日銀砲こと日銀のETF買いが無い日があり、株価急落しました。翌日も-0.49%だったのですが、同様に買い入れがなく、同じく急落しました。週末に161ポイント上げ予想していた下げ幅に届かず(-88ポイント)で終わりました。夜間帯にてダウが222ポイント上昇しました。ただ、日経平均は日中の上げもあり、先物との乖離は60ポイント上昇でした。しかしダウが強いですね。今週の株価予想ですが、23,400~23,200のレンジと予想します。ここからの上値追いは難しいというか、いい加減落ちてください。