今週の日経平均予想(2020/6/29)

先週の日経平均は中南米での武漢肺炎の感染拡大により大きく下げるも、トランプ大統領の病気に打ち勝てる発言で大きく値を戻しました。翌日、大統領選にてバイデン氏有利が伝わり、上げた分の倍以上値を下げました。何故か日経先物は半分程度の下落におさまっています。大統領選でバイデン氏が勝つようなことがあれば、株価は大幅に下落すると思います。肝心の今週の日経平均予想ですが、21,800~22,000と予想します。

来週の日経平均予想(2020/6/21)

先週の日経平均は経済の後退懸念から弱含みで始まりましたが、FRBのパウエル議長の社債購入発言とトランプ大統領の120兆円設備投資したい発言で大幅上昇。終わってみれば前週比+173円高の22,478.79ポイントとなりました。社債購入は既出の話題で、いつもの投資したい発言で爆上げは狂ってるとしか言いようがありません。米国や南米で武漢肺炎の感染が急拡大しており、今週も弱含みの展開と予想し再度の雲下チャレンジで終値21,500~21,700とします。

来週の日経平均予想(2020/6/14)

先週の日経平均の動きはこちらにまとめてあります。週足で雲抜けする展開でしたが、FRBのパウエル議長の発言で急落し雲の中に落ちました。今週は下の雲抜けを試す展開と予想します。今週は日銀の政策金利決定会合がありますが、前回以上の緩和は考えられず、あまり影響は無いと思います。またFRBの1,200億ドル/月の資産購入による円高は徐々に進行すると思います。今週の日経平均の終値は、21,500~21,700と予想します。