SQ値と日経平均終値の乖離をグラフ化してみた(~2020年8月)

8月のSQ値は23,350.79と前月よりも748.98ポイントも上昇しました。終値は23,289.36ポイントでザラバにSQ値を超えることはなく、幻のSQ値となりました。とにかく強いです。出てくる指標は悪いものが多いですが、NY市場の強さだけで上がっています。去年も一昨年も意味不明に24,000まで上がったため、今回もそこまでは上がりそうな気がします。ユニクロ(9983)、SMC(6273)、キーエンス(6861)の株価を引き続き監視し、売りを狙っていきます。任天堂(7974)は45,000あたりまで下げるようであれば買いを狙っていこうと思いますが、現実的ではありません。ソフトバンクG(9984)は7,500まで上がるようであれば売りを狙っていこうと思います。

MSCIリバランスの結果を調べてみた(2019年5月)

連日のMSCIリバランスについて調べてみました。1年前の2019年5月に入れ替えのあった銘柄の株価を追ってみました。アドバンテスト(6857)がベストパフォーマンスでした。新規採用銘柄ではバイオ関連のペプチドリーム(4587)のみ下がっています。除外銘柄はすべて下がっており、特にDeNA(2432)がワーストパフォーマンスでした。高値の時に空売りを狙っていて、ポジション取れなかったのが非常に残念でした。2,400で狙っていました。今回はあれだけの大暴落の中での結果なので、採用銘柄は買い、除外銘柄は売りという結論となりました。

新規採用コード銘柄名2019年5月2020年5月高値安値
6857アドバンテスト2,5505,3206,6402,470
3769GMOペイメントゲートウェイ7,30012,13012,4705,640
4739伊藤忠テクノソリューションズ2,6953,6403,6852,305
4385メルカリ3,2003,2103,5151,555
4587ペプチドリーム5,4104,8356,2403,165
除外7936アシックス1,1981,1451,919999
2432ディ・エヌ・エー2,1921,4802,3251,043
8233高島屋1,1511,0351,355977
8418山口フィナンシャルグループ805644817444

マイトレードからshareに移行してみた

先日ご紹介したマイトレードが2020年1月9日にてサービス終了のアナウンスがありました。有用なアプリだったため、非常に残念です。代替のサービスを調べてみたところ、ありました。shareロボフォリオ(12月25日にshareからサービス名変更されました)というアプリです。機能はマイトレードに及ばないものの、PCにも対応しており、私が求めている機能は満たしていました。無料での運用は非常に大変だと思いますが、長く利用できることを期待しています。