今週の日経平均予想(2020/11/2)

先週の日経平均は方向性のない展開でしたがGAFAの決算にて弱含みの展開となり、前週比で539ポイントの下げとなりました。久しぶりに予想があたりそうだったのですが、23000ポイントを下回ってしまいました。今週は注目の米国大統領選挙があります。バイデン優勢が伝わっていましたが、最近になって現職のトランプ大統領が追い上げている展開となっています。私の予想としてはバイデンが勝利すると考えています。やはり、武漢肺炎の封じ込めに完全に失敗したトランプ大統領がかなり不利だと思います。また、トランプが勝つと株価は上がり、バイデンが勝つと株価は下がると見ている方が多いと思います。私も最近まで同様の考えでしたが、米国が行った金融緩和は景気の先食いをしただけで、リセッションは変わらないと思います。恐らくどちらが勝っても株価は二番底の展開と考えています。今週の日経平均の終値は22,300~22,500と予想します。個別株では買いポジションの任天堂(7974)、イソライト工業(5358)の決算があります。任天堂は引き続き最高益更新としEPSは2,500円を超えてくると予想します。イソライト工業は相変わらず弱いものが出てくると思います。収益率は高い会社なので、今の株価は明らかに安いですが、期待薄です。先週売りポジションのキーエンス(6861)の決算がありました。別途記事をあげます。

今週の日経平均予想(2020/10/26)

日経平均がなかなか下がりません。週初に上げて高値を維持する展開が続いています。先週は前週比で105.96ポイント上昇となりました。今週は米国の大統領選挙に向けて警戒ムードが高まると予想します。日本企業の製造業の決算が出揃います。空売りしているキーエンス(6861)の決算が金曜日にあります。また先週任天堂(7974)を3年ぶりに購入しました。中間決算は最高益間違いなしです。日銀の政策金利決定会合と黒田総裁の会見があるかも知れませんが、いつもの躊躇なくの繰り返しで影響はほとんどないと思います。引き続き下げ目線で、株価予想は23000~23200と予想します。人生で最大のポジションを持っています。大きな値動きに期待します。

日銀短観(2020年9月)

日銀が9月の短観を発表し、製造業の最近が(-27/-34/-44) 先行きが(–17/-30/-38) 非製造業が(-17/-23/-33) 先行きが(-11/-25/-27) 前回の製造業の先行きが(-27/-41/-47)、非製造業が(-14/-29/-33)でした。思ったよりは良かった様です。先行きについても、回復を見込んでいる様です。徐々に数字の理解が出来てきたので、いつものグラフ化に挑戦してみます。