日銀短観(2020年6月)

日銀が6月の短観を発表し、製造業の最近が(-34/-36/-45) 先行きが(-27/-41/-47) 非製造業が(-17/-27/-26) 先行きが(-14/-29/-33) 前回の製造業の先行きが(-11/-20/-29)、非製造業が(-1/-14/-19)でした。内外需共に想定以上に大幅悪化しました。9月は消費税の補填もなく、さらなる悪化が見込まれます・・・

来週の日経平均予想(2020/6/14)

先週の日経平均の動きはこちらにまとめてあります。週足で雲抜けする展開でしたが、FRBのパウエル議長の発言で急落し雲の中に落ちました。今週は下の雲抜けを試す展開と予想します。今週は日銀の政策金利決定会合がありますが、前回以上の緩和は考えられず、あまり影響は無いと思います。またFRBの1,200億ドル/月の資産購入による円高は徐々に進行すると思います。今週の日経平均の終値は、21,500~21,700と予想します。

SQ値と日経終値の乖離をグラフ化してみた(~2020/6)

今月のメジャーSQは波乱の展開でした。リスクオンムードが継続しGDPの上方修正もあり日経平均は上昇を続けていましたが、水曜日のFOMCにて一転パウエル議長の悲観的な景気見通しコメントでNY市場は大暴落しました。日銀保有ETFの貸付けも重なり、終わって見れば前週比-558.25ポイントのマイナス引けとなりました。6月限のメジャーSQ値は22071.46ポイントで前回のSQより1,997.77ポイントも上昇しました。