今日の日経平均(2019/07/23)

開始は安く始まったものの前日比204.09円高の21,620.8円で終日強く引けました。特に上げの材料があったわけでもないのですが、全体的に強い相場でした。ただ、週足は雲を抜けておらず、楽観は出来ません。ユニクロペイの商標出願の材料が出たユニクロ(9983)は反発出来ず、260円安の68,200円で大引けを迎えました。もう少し下がるまで、新規ポジションは控えます。

来週の日経平均予想(2019/7/19)

来週の日経平均予想ですが参院選相場も終わり、第1四半期の決算発表が始まります。日銀短観を見る限りポジティブなものが出てくる可能性はかなり低いと見ます。週足チャートも6週ぶりの陰線となりました。雲の上限も抜けられず日経平均は非常に弱くなると予想します。

来週の日経平均予想(2019/7/5)

日本の経済指標は相変わらず良くないのですが、NY市場は好調で、指標の結果が悪くても利下げ期待で高値を更新してます。それに釣られて、世界の株価は上昇傾向にありますが、本日発表された北米の雇用統計は予想通り結果も良く、利下げ期待が後退し、金売りのドル買いでかなりの円安になっています。ただ、円安でも日経先物は上がりづらくなっています。NY市場を追従しているだけなのが如実に現れました。上図は、日経平均の日足ですが今週は一目均衡表の雲に支えられ、崩れてもすぐ上昇する展開でした。NYダウは高値圏ですが、相当な悪材料が出ない限り、恐らく大きな下げはないと思います。日経も雲から簡単に落ちるのは考えづらいです。来週はいよいよユニクロ(9983)、ユニファミマ(8028)、パソナグループ(2168)の決算があります。後半最初の勝負になるため、しっかり狙っていきたいです。