SQ値と日経平均終値の乖離をグラフ化してみた(~2020年8月)

8月のSQ値は23,350.79と前月よりも748.98ポイントも上昇しました。終値は23,289.36ポイントでザラバにSQ値を超えることはなく、幻のSQ値となりました。とにかく強いです。出てくる指標は悪いものが多いですが、NY市場の強さだけで上がっています。去年も一昨年も意味不明に24,000まで上がったため、今回もそこまでは上がりそうな気がします。ユニクロ(9983)、SMC(6273)、キーエンス(6861)の株価を引き続き監視し、売りを狙っていきます。任天堂(7974)は45,000あたりまで下げるようであれば買いを狙っていこうと思いますが、現実的ではありません。ソフトバンクG(9984)は7,500まで上がるようであれば売りを狙っていこうと思います。

SQ値と日経終値の乖離をグラフ化してみた(~2020/4)

4月のSQ値は19,577.48ポイントと前月のSQ値より2,524.59ポイントの大幅上昇となりました。ただ、寄り付き後マイナス転換する場面もあり、その後再度上昇したものの日経平均は下髭陰線となり、今月も上弦の幻のSQとなりました。昨日中間決算を発表したユニクロ(9983)が一時6%高の大幅上昇し、とにかく売ってなくってよかったという展開でした。本日の売り残次第で、いつもの?上昇が見られるかも知れません。