ソフトバンクグループ(9984)が年初来高値を更新(2020/7/6)

ソフトバンクグループ(9984)が年初来高値を更新しています。自社株買い(5,000億円)とショートカバーを材料に高値を更新しています。以前から6,000円を超えたら売ると言ってたので売ります。優良資産を売却し、不良資産に投資している状態でここから立ち直るのはかなり難しいと思います。信用倍率も今週は悪化しています。ここからの上値はかなり厳しいと思います。今回は長期目線で握力が試される展開になると思います。

任天堂(7974)年初来高値更新(2020/6/18)

任天堂(7974)が年初来高値を更新し、2018年1月につけた49,980円を超え12年ぶりに5万円を超えてきました。相変わらずスイッチは即完売状態です。期末決算後に出尽くしで下げましたが、チャート的にはトリプルボトムの形となりその後連日の高値更新となっています。相変わらず空売りを狙っていますが、1Qは前期比を超えていそうで、下手な売りを入れると一気に担がれそうな状況になってきました。空売りを買い戻した翌日に買いを入れられなかったのが悔やまれます。

ファーストリテイリング(9983)年初来高値更新中(2020/6/10)

ユニクロ(9983)が年初来高値を更新しています。中間決算で経常-40%超の大幅下方修正を行いましたが、翌日の終値48,190円から16,000円も上昇しました。下方修正により空売りを仕掛けた個人投資家がかなり多いと思いますが、さすがにこれ以上は悪くならないだろうと上昇。追い打ちをかけるようにエアリズムマスクのニュースで10,000円以上の上昇となりました。日経の大幅上昇もありますが、ちょっと上がり過ぎだと思います。エアリズムマスクは千円程度とのことで、年間500万セット売れても50億円です。粗利は相当高いと思いますが、ここの経常は1,450億円なので正直誤差です。ヒートテックがちょっと古い情報で年間1億枚という情報がありました。1億枚の販売数で1,000億円。ここまでいくとかなりインパクトある数字ですね。未来のことはわかりませんが、割高なのは間違いなさそうです。