WTI原油先物(6月限)一時6.55ドルに急落(2020/4/21)

引き続き原油の話題になりますが、WTI原油先物(6月限)が急落しました。始値21.27ドルから始まり一時6.55ドルに急落しました。5月限のマイナス商いのチャートも取得することが出来ました。Investing.comさんは情報が豊富です。話は変わりますが、任天堂(7974)のADRが急騰しました。今回は簡単だと思っていたら、相性の悪い株はこんなものですね。資金管理で乗り切っていきます。

NY原油価格が初のマイナス(2020/4/20)

WTI原油先物の5月限が市場初のマイナス商いとなりました。急速な世界経済の停滞により、原油が供給過剰な状態になり、今回の歴史的な一日となりました。6月限は21ドル台を推移していますが、景況感が変わらなければ下がることになりそうです。WTI原油先物が10ドルになったら、ETFを買うという戦略でしたが、全てを否定されてしまいました。先日ご紹介した高橋ダンさんも原油などの先物は破産する人が多いと注意喚起していました。かなりの人が損失を出したと思います。恐ろしい相場です。

原油先物が一時18ドル割れ(2020/4/17)

原油先物が一時18ドルを割り込みました。20ドル近辺の抵抗線を突き抜けてしまいました。これでどこまで下がるかますますわからなくなりました。確認できる範囲では1986年に10.42ドルというのがありました。ここまでくれば底と認識して良さそうです。戦争などの外部要因での急騰も十分ありえるので、そこまで行かずに反発してしまったら諦めます。