強硬派ボルトン補佐官を解任

アメリカのトランプ大統領がボルトン補佐官を解任しました。対外的に強硬姿勢をとっていたボルトンが抜けたことにより、なにもかも決着出来ない外交になりそうな気がしてなりません。特に朝鮮半島情勢に大きく影響を与えそうです。トランプ大統領が本気で二期目を狙ってきたということでしょうか。長期的に見ると負の解任劇だとおもいます。