日本vsオーストラリア(2019/11/11)

初めて侍ジャパンを記事にします。開幕直後は公式球に苦戦していましたが、徐々に適応し点も取れるようになりました。今回の選出メンバーは過去と比較しても遜色ないレベルだと思います。浅村や山田が控えに回る程です。スーパーラウンドがややこしいのですが、オープニングラウンドを勝ち抜けた他グループチームと総当たりで対戦し、上位2チームが決勝へ進出、3位4位で3位決定戦となります。日本は初戦のオーストラリアに勝利しました。明日以降、米国、メキシコ、韓国と対戦します。4連勝すれば文句無しで決勝進出となります。米国、韓国は強敵です。予想は韓国と決勝になるとみています。自国開催のため、絶対に優勝しなければなりません。

超円高相場に備えましょう

現在米国債の逆イールドカーブが発生しています。また金先物が暴騰中です。上のグラフは左がドル円の月足、右が金先物の月足になります。実は相関していて、金先物が上がるのはドルが売られているを意味します。当然円高になります。金先物は既にドル円が100円を割れた時と同水準まで値上がりしています。民主党政権は全く評価しませんが、80円台を記録したのは、日銀の金融引き締めと東日本大震災が大きな要因です。10月に消費税増税がありますが、これをトリガーに超円高になる可能性は十分あると思います。年内103円予想だったのですが、100円割れに修正します。安倍政権も全く評価してませんが、金融緩和のみ評価しています。日銀が105円をトリガーにさらなる金融緩和と言っていますが、いったいなにができるんでしょうか。国債大量発行し日銀に買うができれば・・・結局形だけの金融緩和。恐らく無理でしょう。