SQ値と日経平均終値の乖離をグラフ化してみた(~2020年9月)

9月のメジャーSQ値は23272.88ポイントと前月比-77.91ポイント低下しました。日経平均はザラ場で23406.49ポイントまで上昇し2ヶ月ぶりにSQ値を上回りました。それにしても東京市場が強い。最近のNYダウの上昇には追従しませんでしたが、下落にも関与せず高値をキープしています。来週にも菅内閣総理大臣誕生し、ご祝儀相場で日経平均24000ポイント到達が現実味を帯びてきました。日経寄与度の高い企業のRSIも90%近くまで上げてきており、虎視眈々とその時を狙っていきます。

SQ値と日経平均終値の乖離をグラフ化してみた(~2020年8月)

8月のSQ値は23,350.79と前月よりも748.98ポイントも上昇しました。終値は23,289.36ポイントでザラバにSQ値を超えることはなく、幻のSQ値となりました。とにかく強いです。出てくる指標は悪いものが多いですが、NY市場の強さだけで上がっています。去年も一昨年も意味不明に24,000まで上がったため、今回もそこまでは上がりそうな気がします。ユニクロ(9983)、SMC(6273)、キーエンス(6861)の株価を引き続き監視し、売りを狙っていきます。任天堂(7974)は45,000あたりまで下げるようであれば買いを狙っていこうと思いますが、現実的ではありません。ソフトバンクG(9984)は7,500まで上がるようであれば売りを狙っていこうと思います。

SQ値と日経平均終値の乖離をグラフ化してみた(~2020年7月)

毎月レポートしているSQ値と日経平均終値の乖離をグラフ化してみたの書式を変更しました。赤線が左軸でSQ値、青の棒グラフが右軸で同日の日経平均終値との乖離です。7月のSQ値は22,601.81と高く始まりましたが日経平均はETFの分配金確保のための換金売りにより22,290.81と大きく売り込まれ上の幻のSQとなりました。前回のSQ値より530ポイント程上昇しました。今週の値動きとしては、半導体関連の強さが際立ちます。キーエンス(6861)は嫌な予感がし+205ポイント利食いしました。3度安値を跳ね返されるとは思いませんでした。同日にソフトバンクG(9984)に年初来高値で売りを仕掛けたのですが、一瞬で7%程担がれました。アドバンテスト(6857)も遂に7,000円の大台に到達しました。決算まで様子見したほうが良さそうです。なんなんですかね、この地利上げモードは。イライラが止まりません。