巨人vsヤクルト(2020/7/12)

初回に名手二人がお見合いをして情けない失点。3回に好調青木選手にソロホームランを浴び、2点ビハインド。4回に中島選手のソロホームランで追撃するも直後に村上選手のタイムリーでまた2点ビハインドに。丸選手のタイムリーで追い上げるもそのまま逃げ切られ悪夢の4連敗。一年以上守っていた首位から陥落しました。とにかく打線がつながらず、4得点、1得点、4得点、2得点と点が取れず先発陣は最低限の仕事をするも中継ぎが崩壊と最悪ムードに。来週は広島、DeNAと連戦のため正念場です。投手陣が踏ん張ってリズムを取り戻してほしいところです。

巨人がウィーラーを獲得

巨人が楽天のウィーラー選手をトレードで獲得しました。いくつか動画を見ましたが無理に引っ張らず広角に打てる打者の様です。それと動きがコミカルで非常に明るいですね。ラミレス選手を思いだします。期待していた中島選手が早くもガス欠状態になってしまい、良いタイミングでの補強でした。原監督は一塁かレフトでの起用を明言していますが、一塁は守備機会がほとんど無いようです。合流は週明けでしょうか。非常に楽しみです。

巨人vs阪神(2020/6/21)

巨人の先発は新外国人のサンチェス。先頭打者の近本選手に先頭打者本塁打を浴びいきなり失点しましたが、阪神の拙攻に助けられその後は無失点に抑えます。4回4番岡本さんの2ランホームランが飛び出し逆転。その後も打線が繋がり一挙5点を追加しました。5回にはパーラ選手の2試合連続アーチも飛び出し2点追加。6回に満塁のピンチを迎えた場面でサンチェス投手は降板。6回1失点でしたがあと2、3試合見ないと評価出来ないと思いました。その後どちらも継投で無失点に終わり、7-1で巨人が開幕三連勝を飾りました。感想としては打線はやはり好調を維持しており、心配なさそうですが、投手陣は阪神の拙攻に助けられた部分が非常に多く、次の広島戦に通用するか鍵だと思います。それでも3年ぶりの開幕三連勝とは嬉しい限りです。今年も野球から目が離せません。