SQ値と日経終値の乖離をグラフ化してみた(~2020/5)

SQ値と日経終値の乖離をグラフ化してみた(~2020/5)

今月は3営業日でSQを迎え20073.69ポイントでした。日経は終始強く終値は20179.09とSQ値を105ポイント程上回りました。国内の武漢肺炎の新規感染者数が3日連続で100台と安定したことが大きな要因だと思います。指数銘柄が大幅上昇する一方売りで狙っていた、任天堂(7974)、キーエンスが(6861)が冴えない展開となりました。しかしこの楽観視はなんなんでしょう?国外は相変わらず感染者が減らず、国内もPCR検査数がかなり少なくなっていたようで、まだまだ余談を許さない状況です。日経平均はたったの2ヶ月で3000ポイントも上昇してきました。現在売り建てしているアドバンテスト(6857)と富士フィルム(4091)が大きく反発してきました。建値も枚数もほぼ同一なので今日は倍のダメージでした。