GDP(2019年4-6月期)を分析してみた

GDP(2019年4-6月期)を分析してみた

内閣府が9日に発表したGDPをいつものように分析してみようと思います。視点を変えて企業業績を分析する際に利用している前年同期比で表を作成しました。国内総生産(名目GDP)は2013年よりプラス成長を続けています。2016年以外は順調に増えておりました。調べて見ましたが2016年の下げた要因を見つけることが出来ませんでした。おわかりの方がおられましたら、ご助言いただけると助かります。最近の争点になっている輸出入ですが、財貨・サービスが輸出入の差分になります。プラスだと輸出が多く、マイナスだと輸入が多くなります。2017年以降はどちらも減少傾向にあり、輸出が減ってきています。米中貿易摩擦の影響と円高によるものが考えられます。データを見る限りは景気は悪くなっているようにはみえません。ただ、内閣や財務省から出てくるデータの信頼性が非常に低下しています。一般人は、データを信頼するしか無いんですけどね。