DeNAvs巨人(2020/7/19)

Featured Video Play Icon

正念場の六連戦。運にも恵まれ五連勝で迎えた六戦目。初回にあっさり先制されるも、3回亀井選手の超特大ホームランで逆転。その後ソト選手に打ち直しホームランを浴び同点。5回に不調のロペス選手にタイムリーを打たれ再度勝ち越しを許しました。打線も再三チャンスを作るも点が取れず嫌な流れで迎えた9回抑えの山崎投手が登板。すごく調子が良さそうに見えましたが、坂本選手の内野安打から代走増田選手が二盗に成功。丸選手の内野安打の間にホームに返り同点。お見事としか言えない走塁でした。ここで何を思ったか国吉投手に交代。待ってましたとばかりに三連戦沈黙していた岡本さんが右中間スタンドに叩き込み勝ち越し。最後は中川投手が抑えきり5-3で今季初の六連勝。勝因はなんと言っても増田選手の好走塁でした。4戦目に横浜スタジアムで観戦してました。晴れ男を自負していたのですが、球場についた頃から雨が降り出し中断からのコールドゲームで勝利でした。6回に高木投手がマウンドにあがっていたので、とにかく終われと現地で思ってました。原監督の勝負強さが光った六連勝でした。