NY市場の急騰と日経平均株価の大幅安

昨日に引き続き株価のお話になりますが、昨晩NYダウ平均株価がスタート26,101の大幅安から始まり大引けには26,438まで急回復しました。中国高官が訪米するとのニュースを好感したようです。世界同時株安などなかったかのようにNY市場と日経平均先物が急回復しました。日本時間早朝にライトハイザー通商代表が関税は予定通り25%にするとコメントしたため、令和初日の日経平均株価は平成最終日の株価より335円安に終わりました。今週末はSQもあり、予想通り重要な週になりそうです。

世界同時株安(2019/05/06)

米中通商協議にて満足な結果を得られないと判断した米国側が、中国からの輸入品(3250億ドル)に、25%(現状から15%up)の関税を課すと通知しました。中国は既に米国からのほとんどの輸入品目に対し関税を課してるため、パーセンテージを上げるしか対抗策が残っていません。これを行った場合、米国側も即座に同様な対応をしてくると予想されるため、中国側に打つ手はありません。そもそも通商協議の内容に知的財産権の取扱が含まれているため、中国側の合意はほぼ不可能と考えられていましたが、何故か米国側が妥協するで織り込んでいた株価は、世界的な同時株安に陥っています。日本は即位に伴う長期市場休止であったため、現在はそれほど打撃を受けていません。平成最終日の日経平均株価は22258.7、海外の日経平均先物が現在22000となっています。ただし円高が進行しており、今晩のNY市場次第で明日はかなりの下落が予想されます。当サイトのサブタイトルMillion Dollar Dreamerというのは投資で100万ドルを目指すという意味です。かなりの金額を投資に費やしています。現在は売りボジションを仕込み終わったところです。今後は現状のポジションや今後のポジションの取り方や手法を公開して行こうと思います。趣旨としては自己の投資能力の向上とサイトを閲覧頂いた方の投資能力向上のお手伝いができればと考えています。明日は今年の相場の方向性が決まる重要な日になると見ています。