ソフトバンクグループ(9983)2021年3月期第一四半期決算

熱中症気味で更新遅れました。11日引け後にソフトバンクG(9983)が第一四半期決算を発表。売上 1兆4,501億(-2%) 経常 8,330億(-50.9%) EPS 616円(+15.2円)と減収大幅減益となりました。EPSは増えましたが、阿里巴巴(BABA)とT-モバイル(TMUS)の株式売却が寄与しています。以前も書きましたが、投資会社の決算はよくわかりません。翌日の株価は一時6,100を割る展開となりました。寄り後の上昇で慌てて利食いし、+53円でした。その後に安値を付けました。一時300万近くの含み損になったので、この一ヶ月間つらいだけでした。また高値を取るようであれば売りを仕掛けようと思います。

今週の日経平均予想(2020/8/11)

日経が下がりません。正直嫌になっています。NY市場が連日の高値更新で、連れ高していく展開です。米国は過剰な金融緩和と財政出動をしているので理解できますが、日本は相変わらずの様子見ムードです。今週も低商いのジリ上げしそうな展開です。今週は22,300~22,500と予想します。ソフトバンクG(9984)の決算があります。未だ含み損で、自社株買い1.5兆円が残っているものの、大幅下げに期待しています。3,000円まで下がれば今年の目標達成します。是非お願いします。

投資部門別株式売買状況をグラフ化してみた(~2020年7月)

先月に引き続き投資部門別株式売買状況のグラフを更新しました。この期間だと1ヶ月の変動はよくわかりませんね。海外投資家は6ヶ月連続の売り越しとなりました。最終週に4,624億の大幅な売り越しがありました。日経が大幅に下がった週です。

億円海外個人(現金)個人(信用)投資信託信託銀行証券自己
7月-3,287-9902,708-3,5831,71077