おすすめ光回線のご紹介(2019年版)

ネット依存症の私はネット環境に妥協を許しません。プロバイダーを10社程渡り歩き、その時時で一番良いものを選択してきた自信があります。以前ほどプロバイダの依存度は高くなく、正直差は出づらくなっています。三大キャリアの携帯電話を利用している場合は、そのキャリアが提供しているインターネット回線を使うのが、コスパ的にも一番お得です。auの携帯電話を利用時は、auひかりを使っていました。 5年程前に格安SIMに乗り換えたため、インターネット回線をNURO光に切り替えました。回線も高速ですが、カスペルスキー5台分(スマホ利用も可)のライセンスが付与されます。それと公表されていませんが、回線開通時より付与されているIPアドレスが変わっていません。私の住んでいる地域にユーザが少ないという可能性はありますが、これが一番のメリットです。 対応エリアが狭いという欠点はありますが、今一番おすすめできる光回線です。業者経由の申込みはトラブルが多いとよく目にしたため、公式サイトで申し込みましょう。

世界最速インターネットNURO 光 公式サイト

SSL認証が必須な理由

昨日まで気づかなかったのですが、SSL表示が鍵マークではなくビックリマークがついており、サイト情報をみると完全には保護されていません的な文字が・・・SSLの設定をミスったのかと焦りましたが、SSL証明書は問題ありませんでした。設定し直すより入れ直した方が早いと思い、ワイルドカードへの切り替えを行いました。設定自体はそれほど時間も掛からず出来たましたが、相変わらずSSL表示はピックリマーク。いろいろと設定を見直しましたが原因がわからず、ふとウィジットに追加したGoogle検索とFeedly追加ボタンを確認するとhttp通信のままになっていました。参考にさせて頂いたサイト情報が古かった様で、該当箇所をhttpsに書き直したところ鍵マークが復活しました。ワイルドカードに対応したので、UOサイトも復帰中です。起動まで出来ましたが、nginxでcgiを動かすのに苦戦していて、もう少し時間が掛かりそうです。なぜSSL認証にこだわっているかと言うと、Googleが検索結果にSSL認証サイトを優遇する方針を示し、昨年より非対応サイトに対しChromeで警告表示を行うようになったためです。今後もこの流れは変わることはなく、非対応サイトは徐々に減ってきています。Let’s Encryptという素晴らしいプロジェクトが立ち上がり、誰でも気軽にSSL証明書が発行できるようになりました。まだ対応できていない方が居ましたらぜひチャレンジしてみてください。

二段階認証の重要性

みなさんは二段階認証というものをご存知でしょうか?パソコンやスマホを利用しているとたびたび目にする機会があると思います。別名二要素認証だそうです。ソーシャルメディアやショッピングサイトを利用する際、本人確認のために利用します。左の図の様にスマホを使った二段階認証として、SMSとアプリを使ったものがあります。サイトにログインする際、アカウントとパスワードを入力後、スマホを使って、コードを受け取りその結果を反映し、ログイン可能となります。何故そんな手間を掛けるかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、アカウントを奪われないための自衛手段になります。万が一IDとパスワードが漏洩(アカウントハック)した場合、上の絵の様に第三者が本人になりすまし、サービスを利用することが出来てしまいます。私も過去一度だけ、オンラインゲームでアカウントハックの被害に会いました。 取り返すまでに二週間も掛かりました。二段階認証は必須にすべきものだと思います。SMSは一通当たりでコストが掛かるし、アプリは開発費用が掛かります。最近はかなり普及してきましたが、多額のお金を扱っている証券会社が未だに未対応なのは正直信じられません。安全性が少しでも上がるものには、出来るだけ設定するよう心がけたいものです。

余談になりますが、わかりやすい図解がないかなと検索していたら、かわいいイラストフリー素材集いらすとやさんというサイトを発見しました。かわいらしいデザインでよく目にする機会がありました。今後は積極的に利用させて頂こうと思います。