セブンカード・プラス紐付ディズニーを申し込んでみた(2020/10/25)

なぜクレカの申し込みを記事にするのか?と思われるかも知れませんが、2年前にもセブンカードに申し込みをし人生初のクレカ作成に失敗しました。セブンカードを作成する理由はnanacoへのクレカチャージのためです。7payの混乱のさなか、nanacoへのチャージをセブンカードでしか出来ない仕様に改悪してきました。私の自宅の1km圏内にセブンイレブンが5店舗、ローソンが1店舗とドミナント戦略によりセブンイレブンしか選択肢がない状況になっています。前回は年収不足により落とされた可能性が高く、今回は大幅に上昇した年収で再チャレンジです。オンライン上で銀行と連携して身分証なしで申込みが出来ました。逆に考えると、銀行のIDなど流出した場合、第三者にクレカを作成される可能性があるということになります。設定していたワンタイムパスワードを求められなかったので、かなり危険なセキュリティだと思います。で、申し込んでから気づいたのですが、現在設定していたクレカの有効期限は2023年だったので、有効期限までは使えたため、急いで作る必要は無かったかも知れません・・・。

テレビ会議ソフトZoom 暗号化された情報を北京に送信

少し前の話題になりますが、Zoomというアプリの評判を良く聞くようになりました。テレビ会議のアプリなのですが、このような売り込みかたをされるものは大概あの国かあの国のものが非常に多いです。早速ググってみたところ、NASDAQに上場している米国企業が提供しているサービスでした。それなら安心かなと思っていたら、なぜか北京にデータを送信していたことが明るみになり同社CEOが謝罪を行う事態となりました。友人との交流に使う程度であればよいのですが、企業レベルで使うのは、細心の注意が必要だと思います。米国企業ならというのも本来だめな考え方かもしれません。

アカウントハックされそうになりました(2020/2/28)

メールをチェックしていると、Steamから上記のメールが届いていました。その時間にアクセスした覚えもなく、接続元のIP(36.71.233.63)を調べたらインドネシアからでした。IDとパスワードを突破されたことになります。ただ、ガードコードが無いので、アカウントに接続は出来ません。不正アクセスに遭わない為に以下のことをやりましょう。

1.パスワードを12文字以上にする
2.ガードコードを受け取るようにする
3.2段階認証を利用する
4.Steamアプリを利用する
5.支払い情報を入力しておかない

が有効的ですが、1.はそれでも突破される可能性がある。2.メールをハックされていると突破される。3.4.が一番セキュリティが高いがスマートフォンを盗まれる可能性はある。5.でアカウントハックされても金銭面の損失は発生しないとなります。おすすめとしては3.と5.の組み合わせが一番セキュリティが高いと思います。数年もすれば、生体認証や顔認証が一般的になっていると思います。アカウントは常に狙われていると意識して自衛しましょう。