池袋暴走老人こと飯塚幸三(88)ようやく在宅起訴(2020/2/7)

Featured Video Play Icon

2019年4月19日に死者2名負傷者8名の犠牲者を出した池袋暴走事件の飯塚幸三(88)が事件から293日目にしてようやく在宅起訴されました。同日に沢尻エリカ被告の実刑判決があり、逮捕から82日間での実刑判決。何故複数の死傷者を出しているのにも関わらず、判決まで普通の生活が送れる在宅起訴なのでしょうか。裁判も長期化が予想され、判決までに被告人が亡くなる可能性も十分にありえます。また動画内で被害者のご遺族の方が、謝罪の申し入れは3度程あったが、容疑を否認しているため、お断りしていると語られています。早期の裁判、全てが明らかになることを切に願いします。