来週の日経平均予想(2019/12/15)

来週の日経平均予想(2019/12/15)

米中貿易協議の大筋が見えてきました。米国側は今年9月に発動した関税第4弾を15%⇒7.5%に低減。15日に発動予定のものを延期ということでした。中国側は関税には言及せず、毎年10兆円規模の米製品の購入と為替操作を行わないとのことです。中国側が大幅に譲歩させられた形になっています。第1、2、3弾の関税30%は現状維持です。この程度の合意内容で、日経平均は600円も上昇しました。米国側は来年1月での合意を目指しているようですが、中国側が応じるとはとても思えません。肝心の予想ですが、毎回願望込めてですが、23500~23700ポイント程度で引けと予想します。