日銀・黒田総裁が決定会合後に定例会見(2019/12/19)

Featured Video Play Icon

日銀の黒田総裁が定例会見を行いました。毎度変わらずの現状維持の金融緩和ということでした。記者がマイナス金利により金融機関が減益決算となり、口座維持費などの話があると踏み込みましたが、個々の金融機関の判断に任せるとのことでした。それと最近国債金利が上がっていると見ていましたが、日銀のイールドカーブ・コントロールは短期-0.1%程度、長期0%程度を目標にしており、長期についてはもう少し上がっても良いと思うと述べました。注目のETF株の貸付の件ですが、流動性確保のため必要とし、政府の許可が必要と述べました。