日本vs韓国(2019/11/17)

Featured Video Play Icon

昨夜に引き続き日韓での決勝戦。先発は巨人山口。初回から制球が安定せず、2本のホームランを浴び3失点で1回降板と予想外の展開になりました。その裏の攻撃にて鈴木のタイムリーにて一点を返し1-3。迎えた2回の攻撃、不調に苦しんでいた山田がファールで粘り8球目を逆転3ランホームラン!2回以降リリーフ陣がしっかりと抑え、途中1点追加し日本が5-3で韓国を下し、10年ぶりに世界一を奪還しました。勝って当たり前の大会で当たり前の様に勝つというのは本当に難しいと思います。次はいよいよ36年前のロス五輪以来の金メダルに挑戦となります。東京の次はパリなので、野球は種目を外されそうです。なんとしても金メダルを取ってほしいと思います。