巨人vs阪神(2020/6/21)

Featured Video Play Icon

巨人の先発は新外国人のサンチェス。先頭打者の近本選手に先頭打者本塁打を浴びいきなり失点しましたが、阪神の拙攻に助けられその後は無失点に抑えます。4回4番岡本さんの2ランホームランが飛び出し逆転。その後も打線が繋がり一挙5点を追加しました。5回にはパーラ選手の2試合連続アーチも飛び出し2点追加。6回に満塁のピンチを迎えた場面でサンチェス投手は降板。6回1失点でしたがあと2、3試合見ないと評価出来ないと思いました。その後どちらも継投で無失点に終わり、7-1で巨人が開幕三連勝を飾りました。感想としては打線はやはり好調を維持しており、心配なさそうですが、投手陣は阪神の拙攻に助けられた部分が非常に多く、次の広島戦に通用するか鍵だと思います。それでも3年ぶりの開幕三連勝とは嬉しい限りです。今年も野球から目が離せません。