巨人vs阪神(2020/6/19)

Featured Video Play Icon

巨人の先発菅野投手が完璧な立ち上がりを見せるも、3回に阪神先発西投手にホームランを浴び先制を許しました。4回に中島選手のタイムリー内野安打で追いつくも、5回にまたも西投手に打たれ勝ち越しを許しました。ボール自体はかなり力があったのですが、西投手だけはタイミングが合ってました。嫌なムードになりましたが、7回に吉川尚輝選手の逆転2ランで初めてリードし、8,9回は勝利の方程式の中川投手、デラロサ投手の継投で逃げ切りました。7回に西投手が続投していたら、かなり厳しい展開になっていたと思います。あとは丸選手が昨年のプレイオフから全く打てていないのが気になります。とにかく菅野投手で勝てて6,000勝を達成したのは価値があります。明日からも引き続きよろしくお願いします。