巨人vs阪神(2019/9/15)

Featured Video Play Icon

昨日嫌な負け方をし今日はなんとしても勝ちたい巨人は菅野が先発。初回に岡本の二塁打で先制するも、菅野がピリっとせず4回4失点でまさかの降板。その後も阪神が追加点をあげ、2点ビハインドで迎えた7回代打石川慎吾の看板直撃の特大ホームランで一点差。8回最近チャンスに凡退を続けていたゲレーロが逆転ツーランを放ちベースランニング中に目頭を押さえる場面も。9回はデラロサがきっちり三人で抑え、マジックは5となりました。阪神の岩崎、ジョンソンから3点をとっての勝利は非常に大きいです。ゲレーロもこれをきっかけに、残り試合「状態イイネ👍🏻」を連発してほしいものです。