富士フイルム(4901)2020年3月期通期決算

富士フイルム(4901)2020年3月期通期決算

富士フイルム(4901)が通期決算を発表。売上 2兆3,151億(-4.8%) 経常 1,731億(-18.7%) EPS 306.2円(-6.3%)と減収大幅減益となりました。4Qの減益率は88.8%とかなりの糞決算だと思います。今期は予想通り非開示です。キャッシュが前期より2,500億円も減っています。そのためBPSを押し下げましたが、それでもROEが低下しています。セグメント別では、苦戦が予想できたドキュメント事業が増益となっており、今期はより厳しい数字になることが予想されます。目標株価4,000円は変えず虎視眈々と利食いを狙います。怖いのはアビガン認可と自社株買いです。しかし申請もされて無いのに、5月中に承認と本気で言ってたんですかね。