ユヴェントスvsラツィオ(2020/7/20)

Featured Video Play Icon

セリエAもいよいよ終盤戦に突入、強豪ラツィオとの対戦。前半は共に決定機を作れずスコアレスでハーフタイムに。後半51分ゴール前の混戦からCR7のシュートでPKを誘い、自ら決めユヴェントス先制。直後にディバラが抜け出し、ゴール前でCR7にパスを出し、きっちり決め2-0。このゴールでCR7はプレミア、リーガ、セリエAの三大リーグでシーズン30ゴールの大記録を達成しました。その後、得点王で争っているインモービレがボヌッチのPKを誘い30ゴール目を決め得点王争いで並びましたが、ユヴェントスが2-1で逃げ切り勝利。残り4試合で2勝すれば自力優勝となります。8月は中断していたチャンピオンズリーグのトーナメントがあり、日程はかなり厳しいですが、優勝目指して欲しいです。